ワンポイント刺繍を簡単にするコツとは?

幼稚園くらいの女の子がいる方へ。
ワンピースを手作りで作ってみませんか?

ミシンさえあれば、手作りの子供服は難しくありません。
大人と違い、寸胴に近い体型なので、作りやすいのが子供服です。

形はシンプルでも、ビーズを付けたり、刺繍するとグッと見栄えが良くなります。

刺繍機能付きのミシンを買っておけばワンポイント刺繍が簡単にできるので
ママのアイデアで子供服を可愛くしてみましょう。

手作りするのに、まずはワンピースの型紙を用意します。
洋裁の本に出ていますので、本屋さんで探してみましょう。

スタイルだけでなく、型紙が載っている子供服の本がよいです。
大きなサイズのワンピースになると、本に載っているサイズから、自分で作るようになります。
模造紙くらいの固めの紙が手作りの時には使いやすいでしょう。
特に決まりはありませんが、包装紙の裏側とかでもオーケー。
よく、本の巻末に型紙を挟み込んであったりしますね。
でも紙が薄いので、しっかりした模造紙で作りなおすと保存にも便利です。

ドレメ式、服装式など、型紙にも種類があります。
私は服装式が作りやすかったです。
子供とお揃いで作ったりする場合に、大人用の型紙を作りやすかったからです。
「親子でお揃いのワンピース・・」とかの特集本で、型紙があるかチェックしてみましょう。

ワンピース作り方のコツは、型紙を基本にして、しつけをしっかりすること。
そして、仮縫いをして確かめてから縫い進める事でしょう。

これからミシンを選ぶ方は、少なくても、かがり縫いができるものを選びましょう。
端の始末は面倒なものですから、かがり縫いの機能があるととっても便利です。

簡単なミシンでも、かがり縫いができると、バッグや小物なども作りたくなります。
子供服だけでなく、小物もお揃いで手作りしてみてくださいね。

あわせて読むとおすすめなサイト⇒おすすめミシンは刺繍ができるものを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です